iPhone6 Plusを買取り業者に売却した結果!手続きと準備すること


先日、ソフトバンクオンラインショップを利用してiPhone7 Plusに機種変更

キャリアの店舗に行かず、特に難しいこともなく自宅で手続きが完了するので大変便利でした。

今までキャリアショップで機種変更していた時は機種変更と同時にiPhoneを下取りしてもらってましたが、自宅で機種変更したため機種変更前のiPhoneは手元に残っていました。

とくに利用目的もなく手元にiPhone6 Plusが残っていたのですが、「iPhoneって結構高く売れるよ!」ということを先日耳に。

「まじかw」と思い、iPhoneを売却することにしました。


iPhone売却までの流れ

 

ネットで様々なiPhone買取業者を調べた結果、サイトにiPhone売却の流れがわかりやすく書いてあったことと、「iPhone買取」と銘打ってある単純な理由(笑)でiPhone買取店「ダイワン」を利用することにしました。

 

 

ダイワンのサイトに書いてあるiPhone売却までの流れをみると、サイトか電話で申し込み、iPhoneを梱包。

すると宅配業者が自宅に取りに来るので受け渡し、iPhoneを発送。

そしてダイワンにiPhoneが到着後に査定し、買取料金が決まると24時間以内に売却代金が口座に振り込まれるらしい。

自宅まで売却するiPhoneを取りに来てくれるし、手続きも簡単そうなのでダイワンにiPhoneを売却することにしました。

 

iPhone買取を申し込む

 

最初に自分のiPhoneがいくらくらいで売却できるのか、①シリーズを選択し、②型番を選択して見積もりを出します。

 

 

売却するソフトバンクのiPhone6 Plusの128GBを選択して「査定スタート」をクリック。

 

 

そして使用状態と付属品と売却する台数をチェックします。

iPhoneの売却価格には「外箱」「取扱説明書」「イヤホン・USBアダプタ・ライトニングケーブル・SIMを取り出す器具等の付属品」「保証書」の有無が関係するらしいです。

外箱以外なくなっているのでかなり損しているかもしれません。今使っているiPhone7 Plusは付属品を大事にしまっておくことにします。(笑)。

このようにして項目をチェックして見積額をしてもらいます。

 

 

査定価格は1万7000円!

1万くらいだと思っていたので、予想外の高額(笑)。そのまま売却することにしました。

そのまま売却を申し込む場合は、画面の下の方に「買取を申し込む」とあるのでクリックすると買取手続きに進みます。


iPhone買取の申し込み

買取の申し込みでは住所氏名と、売却代金の振込先口座、そして自宅までiPhoneを取りに来てくれる集荷サービスを使用するか記入します。

コンビニ等で自分で配送したほうが早いと思います。けれど自宅で待ってるだけでいいのと、配送先の伝票を用意しなくてもいいし、無料なので集荷サービスを利用することにしました。

また集荷サービスを利用する場合、取りに来てもらう日時・時間帯を指定できます。

売却の申し込みが終わったので、次はiPhoneを送る手続きをします。

※iPhoneを前面に出していますが、iPhone以外でもiPadやXperia等他のスマホも売却できます。

 

iPhoneを売却するのに必要なこと

  • iPhoneの初期化
  • 身分証のコピー
  • 付属品とiPhoneを梱包する

 

身分証は運転免許・保険証以外でも年金手帳と通帳、住民票記載事項証明書と通帳でも大丈夫なので免許がない人や失効してしまった人でもサービスを利用できます。

 

iPhoneの初期化

iPhone6 Plusを例にすると、iPhoneを初期化するには「設定」→「一般」に「リセット」という項目があるのでタップします。

 

 

次に「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ。

 

 

すると「iPhoneを消去」と表示されるのでタップするとiPhoneを初期化できます。

iPhoneの初期化についてはこちらの記事にも書いてます。

iTunesからiPhoneのバックアップを復元できない時の対処法

 

iPhoneを梱包

 

身分証明書のコピーと売却するiPhoneと付属品を段ボールにつめて梱包します。

丁度iPhone7 Plusがソフトバンクオンラインショップから送られてきたダンボールがあったので利用しました。

梱包する段ボールは何でもいいので、Amazonの段ボールがあると便利かもしれません。

iPhoneを初期化して梱包も終わったので、あとは集荷業者を待つだけです。

 

iPhoneを発送後から売却金額が振り込まれるまで

 

2月10日にiPhoneを売却を申し込んだ後、2日後の12日にiPhoneを取りに来ました。

 

 

そして翌日、2月13日にダイワンにiPhoneが到着した旨のメール。

 

 

すると翌日の2月14日にiPhoneの検品が終了。

 

 

そして1時間後にダイワンから入金確認のメールが届いたので口座を確認すると、1,7000円振り込まれていました。

 

ダイワンでiPhoneを売却するメリット

  • 自宅で手続きが全て完了する
  • 申し込みから4日で売却代金が振り込まれる

 

iPhoneの買取申し込みから自宅にいながら売却代金が振り込まれるまで4日間。

手続きも簡単でかかる期間はたったの4日。次に機種変更してiPhone7 Plusを売却する時もダイワンを利用したいと思います。



また液晶が割れていたり、故障して動作不良のiPhoneもジャンク品として購入してもらえます。

 

デメリット

ダイワンは現在梱包セットを送ってくれるサービスは行っておりません。

もし梱包セットまで用意してもらいたいならネットオフの携帯買取サービスを利用するといいかもしれません。


【手数料・送料無料】携帯電話・スマートフォン売るならネットオフ♪


 

まとめ

ソフトバンクオンラインショップで機種変更して、iPhoneの売却もオンラインサービスのダイワンを利用しました。

iPhoneの購入から売却まで全て自宅で完結できるので、とても便利だと思います。


今日のたつじんへの一歩

たつじんwたつじんw

オンラインサービスは便利ですが、オンラインサービスに頼り過ぎると引きこもりに拍車がかかります(笑)

スポンサーリンク