興味を持ってサイトを訪問しようとしたところ、表示スピードが遅く、「サイトがなかなか表示されない!」

あまりにサイトの表示スピードが遅いので、その記事を読むのをやめて他のサイトに行くことは良くあると思います。

自分のサイトも表示が遅いと同じように、せっかく興味を持ってくれたのに他のサイトを見に行って今います。

WordPressブログの表示スピードを高速化してユーザビリティを向上させるのは重要なSEO施策だと思います。


画像を最適化(圧縮)してWordPressブログの高速化

サイトで使用している画像を最適化(圧縮)して、転送量を減少させればサイトの表示スピードは速くなります。

新規に画像をアップロードする場合、フリーソフトを使用して画像を最適化後にアップロードすればいいと思います。

けれど既にメディアにアップロードされている画像を最適化する場合、全て手動で画像を圧縮して上書きするのは大変だと思います。

自分の場合も他のWordPressブログでは画像が3000枚くらい既にアップロードされているので、手動で画像を最適化するのはもはや不可能です(笑)。

そこで「EWWW Image Optimizer」というプラグインを使用して画像を圧縮することにしました。

 



EWWW Image Optimizerでできること

  • 画像をアップロードする際に最適化
  • 既にアップロードされている画像の最適化

 

これからアップロードする場合、既にアップロードされている画像どちらも圧縮できるので「EWWW Image Optimizer」をWordPressにインストールしておけば画像の圧縮を自動化できます。

 

EWWW Image Optimizerの設定方法

以前はプラグインを日本語化するためにファイルをアップロードしないといけませんでしたが、先日のアップデートで日本語化され使いやすくなったと思います。

 

 

デフォルトでチェックが入っていると思いますが、基本設定にある「メタデータを削除」にチェックすれば他はデフォルトで大丈夫だと思います。

メタデータとはJPEG画像に埋め込まれているExif情報という撮影情報で、余分なメタデータを取り除くことで画像を軽くすることができます。

 

 

他にもメディアライブラリにある画像だけでなく、テーマに使用されている画像も一括してリサイズしたり、高度な設定をすることも可能です。

 

画像をアップロードする場合の最適化

画像をWordPressにアップロードする際の画像圧縮は、EWWW Image Optimizerをインストールしておけば自動でやってくれます。

 

 

メディアライブラリをリスト表示にすると画像最適化の進行状況を確認できます。画像をアップロードすると「画像最適化」が進行中になります。

 

 

そしてしばらく待つと、0.5%画像が圧縮されたようです。

画像を圧縮してからアップロードしたはずですが、手動の圧縮では弱かったようです。

 

既にアップロードされている画像の最適化

 

既にアップロードされている画像「メディア」→「一括最適化」ですることができます。

 

 

「最適化されていない画像をスキャンする」をクリックすると、最適化する必要のある画像が読み込まれます。

 

 

そして「最適化を開始」をクリックすると、画像の最適化が始まります。

 

 

しばらく待つと、画像の最適化が完了。最適化ログで最適化された画像と、どのくらい圧縮されたのか表示されます。

画像数が少ないと直ぐに終わりますが、最適化されていない画像の数が多いと相当な時間がかかります。

以前に画像が3,000以上あるWordPressブログでEWWW Image Optimizerをインストール後、一括最適化を初めてやった時は数時間かかりました。

画像数が多いサイトの場合は他の作業をして、たまに中断されていないか確認するといいと思います。

 

まとめ

自分で画像を最適化後にアップロードした方がいいと思いますが、既にアップロードされている画像を手動で最適化するのは膨大な時間がかかります。

EWWW Image Optimizerをインストールしておくと画像の最適化が自動がされるので、とても便利なプラグインだと思います。

もしフリーソフトで画像をJPEG画像を最適化する場合、更新は止まってますがJTrimがソフトが軽くて使いやすいと思います。

画像を最適化(圧縮)に便利なフリーソフトJTrim(ジェイトリム)でWordPressの高速化

 

今日のたつじんへの一歩

たつじんwたつじんw

より軽くしようと再最適化をすると、画質がとんでもないことになります(笑)