操作の自動化!iPhoneのSiriショートカットの使い方と設定

iOS12で追加された新機能は「スクリーンタイム」や「通知センターの通知の設定」など沢山ありますが、その中でも気になっていたのがSiriショートカット

Siriショートカットは事前に登録したフレーズでSiriに話しかけと、設定した動作を自動でしてくれる機能

便利そうな機能なので、さっそくSiriショートカットを使ってみることにしました。




Siriショートカットの設定方法

Siriショートカットを使うには、あらかじめフレーズと操作を設定する必要があります。

 

 

「設定」→「Siriと検索」を選択します。

 

 

すると、「Siriショートカット候補」に普段よく使うアプリの操作が表示されます。

ただ、表示されている「Siriショートカットの候補」が少ないので、「すべてのショートカット」を見てみることにします。

 

 

すると「Evernote」や「safari」、

 

 

「Twitter」や「ボイスメモ」、「メール」

 

 

「写真」や「電話」で「よく使う項目」に追加した番号へのアクションが表示されました。

 

 

試しにEvernoteの「すべて見る」をタップすると「新規ノート作成」など、Evernoteの様々な操作が「ショートカット候補」として表示されました。

この記事を書いている時点(2018/9/19)では、Siriショートカット候補に表示されるアプリはApple公式アプリと「Twitter」・「Evernote」のような利用者が格段に多いアプリだけです。

しばらくしたらSiriショートカットに対応するアプリが増えると思うので、「ショートカット候補」に表示されるアプリも増えると思います。

 

Siriショートカットを作成

 
最初にTwitterの「新しいツイートの作成」のSiriショートカットを作りたいと思います。

まずは「新しいツイートの作成」をタップします。

 

 

すると、「Siriに追加」画面が表示されます。

画面の下の方にグレーに縁どられた赤い丸ボタンがあります。

赤い丸ボタンが録音ボタンのようです。

 

 

赤い丸ボタンをタップすると録音が開始されます。

 

 

ややこしいフレーズだと忘れてしまうかもしれません。

そこで「ツイート」と、わかりやすいフレーズを録音しました。

録音したフレーズでいいと思ったら「完了」をタップします。

これでSiriショートカットの作成は完了です。

Siriショートカットの作成は少し難しいかもしれないと思っていましたが、予想していたより簡単で安心しました。

 

動作の確認

 

Siriを起動して動作を確かめてみることにしました。

Siriを起動すると、「ご用件はなんでしょうか?」と聞かれました。


たつじんwたつじんw

ツイート!


と、Siriに向かって言うと、すぐにTwitterのアプリが起動しました。

 

 

そして、「新しいツイートを作成」する画面になりました。

Siriショートカットは最初に設定するのが少し面倒かもしれませんが、Siriに登録したフレーズを話しかけるだけで操作が自動化されます。

予想以上に便利かもしれません。

ただ、「ショートカット候補」に表示されるアプリが少ないです。

便利な機能だけど、まだ対応しているアプリが少なすぎると思っていました。

けれどiPhoneを触っていると、「ショートカット候補」に表示されていないアプリも設定できることがわかりました。

 

ショートカット候補に表示されていないアプリを登録

 

Siriと検索」の設定画面を下にスクロールしていくと、アプリの一覧が表示されます。

 

 

アプリの一覧画面にあるアプリを見ていたところ、「ショートカット候補」に表示されていたTwitterやEvernoteと同じく、Googleニュースアプリにも「ショートカット」という項目がありました。

 

 

「もしかしたらショートカットに追加できるかもしれない!」

と思い、タップしてみました。

 

 

すると、Googleニュースの「ショートカット候補」が表示されました。

そこでTwitterを設定した時と同じように、Googleニュースの「最新の見出しを読む」を「ショートカット」に追加してみることにしました。

 

 

赤い丸の録音ボタンを押して、Siriにフレーズを登録します。

 

 

わかりやすいように「最新ニュース」というフレーズにして「完了」をタップ。

 

 

Siriに登録したフレーズの「最新ニュース」と言うと、Googleニュースの「ヘッドライン」が表示されました。

「Siriと検索」で「ショートカット候補」に表示されていなくても、アプリ個別の設定でSiriショートカットに登録できるようです。

 

 

これで「マイショートカット」にGoogleニュースとTwitterの操作が追加されました。

ただ、今回のGoogleニュースのように「ショートカット候補」に表示されない場合、「どのアプリがSiriショートカットに対応しているか」わからないと思います。

アプリをアップデートする前に「アップデート内容」を確認してからアップデートするといいかもしれません。

 

Googleニュースを確認してみると、アップデート内容に「Siriショートカットに追加できるようになりました」と書かれていました。


関連する記事:「AIであなたにおすすめの記事!Googleニュースアプリがリニューアル

 

Siriの起動方法

SiriショートカットはSiriにフレーズを言うだけで、設定した動作をしてくれて便利だと思います。

ただ、1つ問題は今までSiriをほとんど使っていませんでした。


たつじんwたつじんw

Siriってどうやって起動するんだろう?


Siriの起動方法がイマイチわかりません(笑)。

そこでSiri起動方法を調べてみました。

どうやら、自分の使っているiPhoneXでSiriを起動する主な方法は3つあるようです。

 

Siriを起動する3つの主要な動作

  1. 「Hey Siri」とiPhoneに呼びかける
  2. サイドボタンを長押し
  3. 「Assistive Touch」のメニューから開く


 

「設定」→「Siriと検索」に「SIRIに頼む」という項目があります。

“Hey Siri”を聞き取る」をONにして音声を登録すると、「Hey Siri」とiPhoneに呼びかけるだけでSiriが起動するようになります。

 

 

またホームボタンのないiPhoneXではサイドボタンを長押しすることでSiriを起動できるようです。

 

3つ目の方法として、「Assistive Touch」の機能をONにして「カスタムアクション」に「メニューを開く」を割り当てます。

 

 

デフォルトの設定でSiriがメニューにありますが、なかった場合はメニューをカスタマイズして「Siri」のアイコンを追加します。

 

 

すると、丸いホームボタンのような物が表示されます。

今回ははシングルタップで「メニューを開く」を設定しているので、1回この丸いボタンをタップします。

 

 

するとメニューにSiriがあるので、Siriをメニューから起動できます。

Siriを起動するので1番楽な方法は「Hey Siri」と呼びかける方法だと思います。

外出中のように、声を出しにくい時は「サイドボタンを長押し」するか、「メニュー」からSiriを開くのがいいと思います。


関連する記事:「iPhoneの疑似ホームボタンでカスタムメニューを作成

 

「Siriショートカット」と「ショートカット」アプリ

Siri「ショートカット」という名称から、最初はホームボタンかウィジェットにSiriのショートカットを表示できるのかと、勘違いしていました。

 

 

Siriのウィジェットには「Siriからの提案」でよく使うアプリしか表示されません。

ウィジェットにSiriのショートカットを表示させるには「ショートカット」というアプリをインストールする必要があるようです。

ショートカットアプリは複数の作業を設定して、一連の動作として作業を自動化できます。

Siriショートカットと合わせて使うと、作業か効率化して便利になると思います。

 

まとめ

今後Siriショートカット対応のアプリが増えていき、Siriがますます便利になると思います。

Siriショートカットを使わなくても同じことができる作業は多いです。

ただ、Siriは聞き間違いです(笑)。

Siriショートカットに登録しておけば、Siriの聞き間違いのせいで何度もやり直すことは減るかもしれません。

 

今日のたつじんへの一歩

たつじんwたつじんw

今までほとんどSiriを使ったことがありませんでした。
この記事を書くにあたりSiriを初めてまともに使ってみました。
音声だけでメールを送る作業が完結するのにはビックリしました。
iPhoneは4Sから使っていますが、ほとんど使いこなしてないようです(笑)。

スポンサーリンク