iPhone Xを急速充電!同時に5台充電できるPD対応USB充電機を購入


「何も手がつかないくらいに落ち込んでいる時、あなたはどうしかますか?」

自分はたつじんwと名乗っているだけにゲームで遊ぶか、スロットに行って現実逃避、あるいはふて寝するか、買い物して気分を晴らそうとすることが多いです。

最近かつてないほど悩み、ご飯も全然食べれず、ふざきこんでいました。

「こんなに悩んだことが今まであるのだろうか。。」

と思ったくらいです

そのような状態だったため、とんでもない物をAmazonで買ってしまいました(笑)。




Amazonで購入したとんでもない商品

購入したのはAnker (アンカー)の「Anker PowerPort I PD – 1 PD & 4 PowerIQ」という、USB PD対応の5ポートある充電器。

Amazonの商品説明を読むと、USB PD(Power Delivery)対応のUSB Type-Cポートと4つのUSB Type-Aポートを搭載。

USB-Cポートからは最大30Wで急速充電でき、他の4つのポートからは5V=6A(各ポート最大2.4A)で合計30W、PD対応のUSBポートと他の4つのポートを合わせると全部で60Wの給電ができるそうです。

USB PD(Power Delivery)対応のUSB Type-CポートからはiPhoneX/iPhone8/iPadに急速充電できるだけでなく、MacBookには最大30Wで充電できるようです。

スマートフォンにタブレット、kindle、ワイヤレスイヤホンなど、出かける前に充電しておく必要があるデバイスは多いです。

けれどそれぞれ別々に充電していては大変です。

電源が足りず、PCから充電することよくあります。

けれど5つのポートがあるアンカーの「PowerPort I PD – 1 PD & 4 PowerIQ」ならば、1つの充電機で同時に5つのデバイスを充電できます。

しかもiPhoneの急速充電もできるので、もはや言うことはない気がします。

ただ、急速充電に対応した充電機を持っているだけではiPhoneを急速充電できません。

 

PD対応のLightningケーブル

iPhoneを急速充電するには、PD対応のUSB-C Lightningケーブルが必要です。

そこで、アンカーの「PowerPort I PD – 1 PD & 4 PowerIQ」と同時に、BaseusのPD対応のUSB-C Lightning変換ケーブルを購入しました。

iPhoneX/8の急速充電は7.5W

詳しいことはわかりませんが、このライトニングケーブルは最大18Wと書かれています。

iPhoneの急速充電には十分だと思います。

税込み1,099円と価格もそこそこなので、悪くないと思います。

 

自宅に届いたので開封

注文したのが夜中だったので、注文したその日の夕方に商品が到着しました。

 

 

Amazonの段ボールを開けると、Anker (アンカー)の「PowerPort I PD – 1 PD & 4 PowerIQ」とBaseusのPD対応のUSB-C Lightning ケーブルが厳重に梱包されて入っていました。

 

 

まずは本当に楽しみにしていた、Anker (アンカー)の「PowerPort I PD – 1 PD & 4 PowerIQ」を開けてみました。

ブラックの充電機と、電源アダプタと説明書と保証書?が箱の中に入っていました。

充電機は予想していたよりも軽いです。

軽いわりには丈夫な作りになっていて、キズがつきにくいように感じます。

 

 

他にもANKERとロゴの入った、裏側がマジックテープになっている物も入っていました。

説明書を見ても書いていないので用途がイマイチわかりませんが、アンカーの充電機は5つのポートがあります。

ケーブルをまとめるために使うのかもしれません。

 

 

1番上の、PDと書かれたポートがPower Delivery対応のUSB Type-Cポートのようです。

このPDと書かれたポートに、同時に購入したPD対応のLightning ケーブルを挿せばiPhoneXを急速充電できるらしいです。

 

 

充電機に電源アダプタを挿し込むとブルーのLEDランプがつきます。

機能性だけじゃなく、意外とおしゃれかもしれません。

さっそくiPhone Xを急速充電したいと思います。

 

iPhone Xを急速充電してみた

 

まだLightning ケーブルを開けていなかったので、BaseusのPD対応のUSB-C Lightning ケーブルを取り出しました。

 

 

予想していたよりもコードが太く、なかなか断線しなそうです。

 

 

アンカーの充電機にUSB-C Lightning ケーブルを挿してiPhone Xを充電してみました。

ここまでiPhone Xのカメラで画像を撮っていましたが、この画像は去年購入したAmazon Fire7で撮ったので画質が格段と悪いです(笑)。

本来なら、充電がほぼなくなってから「〇分で〇%まで充電できた!」と記事を書くと思います。

けれど、何も証拠となるものを用意せず記事を書き始めてしまったので、論証はできません。

 

 

ただ、ビックリするほど充電が速いです(笑)。

「iPhoneって充電遅いわ。。」

とつねづね思っていました。

けれど急速充電してみると、画面を見るたびにバッテリーの残量が上がっています。

とにかく実感できるほど充電が速いです。

 

最大30W出力が可能なPower Deliveryポートを搭載。(iPhone 8をわずか30分で約50%まで充電することが可能です)

 

商品説明ではiPhone8を30分で約50%まで充電できると書かれています。

「急速充電っていってもたいしたことないだろ!」

と今まで思っていましたが、ここまで充電が速いとは思っていませんでした。

これなら朝起きて「充電がない!!」となった時でもある程度まで充電できそうです。

 

 

iPhone Xを急速充電しながらkindleとタブレットも同時に充電してみました。

画像の圧縮はしていますが、今度はiPhone Xのカメラで撮影。

やはり格安タブレットのFire 7とはカメラの性能が違うようです(笑)。

iPhoneやiPad、Mac Book Proを急速充電しながら、残りの4つのポートで他のデバイスを充電。

Anker PowerPort I PD – 1 PD & 4 PowerIQがあれば、他のUSBアダプタはもはや必要ないかもしれません。

ただ、税込み3,499円。

充電機にしては高いと感じるかもしれませんが、個人的には買ってよかったと思っています。

まとめ

この記事の冒頭で、「最近かつてないほど悩み、ふざきこんでいたので「とんでもない物」をAmazonで買ってしまいました」と書きました。



たつじんwたつじんw

Amazonで○○買いたいんや。。


女さんC女さんC

Amazonでもお米売ってるからお米買いなよ。。

と少し前に言われました。

こんなことを言われているほどなので、どんな生活をしているのか想像つくと思います(笑)。

けれど今回落ち込んでいたため、普段なら買わないような商品を買ってしまいました。

そんな状態で買った商品が大当たりする時もあるようです。

 

今日のたつじんへの一歩

たつじんwたつじんw

ワイヤレス充電機も欲しいと思っていますが、有線の急速充電の方が充電速度は速いです。
「ワイヤレス充電をためしてみたい」とは思います。
けれど必要性がないものは買わないようにしないと、またコメ不足になるかもしれません(笑)

スポンサーリンク