記事の公開前にチェックはしていますが、このブログは誤字・脱字が物凄く多いです(笑)。

コメントで指摘していただければ嬉しいですが、このブログにはほとんどコメントがありません。

そこで誤字・脱字の報告専用の掲示板をブログに設置すれば、誤字・脱字を教えてくれる人が増えるかもしれません。

そこで、このブログにもシンプルな掲示板を設置してみたくなりました。




WordPressで掲示板を作る方法

  • プラグインを使用する
  • 固定ページのコメント欄を使う

ちゃんとした掲示板を作るなら bbPress のような、WordPressに掲示板を設置できるプラグインを使用するのがいいかと思います。

WordPressに掲示板!「bbPress」プラグインの設定と使い方



ただ、このブログでは現在8個のプラグインを使用していますが、ブログの表示速度を考えるとなるべくプラグインの使用は控えたいです。

 

プラグインは10個もいらない!賢威7に絶対必要なプラグインのまとめ

 

プラグインの使用を抑えたいこともありますが、掲示板の用途・ブログの規模的にもシンプルで簡単な掲示板で十分だと思います。

そこで、固定ページのコメント欄を使って掲示板を作ってみることにしました。

 

WordPressの固定ページのコメント欄を使って掲示板を作成

  • ディスカッション設定で掲示板に適したコメント欄の設定をする
  • 固定ページで掲示板のページを固定ページで作成


ディスカッション設定でコメントの設定をして、掲示板のページを作成すれば簡単な掲示板ができるはずなので、まずはディスカッション設定から見直そうと思います。

 

ディスカッション設定で掲示板に適した設定にする

 

「設定」→「ディスカッション」でコメントの設定を変更します。

投稿にコメントができないと掲示板として機能しないので、「新しい投稿へのコメントを許可する」をチェックします。

また、過去のコメントが自動的に消えてしまったら掲示板として機能しないので、「14日以上前の投稿のコメントフォームを自動的に閉じる」のチェックを外します。(デフォルトではチェックなしだと思います)。

そしてスレッド(入れ子)形式にすると、コメントの階層がわかるので「コメントを5階層までのスレッド(入れ子)形式にする」にチェックを入れます。

これでスレッド形式の掲示板に合わせた設定になると思います。

 

固定ページで掲示板のページを作る

記事タイトルを「誤字・脱字報告フォーラム」のように目的の掲示板に沿ったタイトルを付け、本文には掲示板の目的・注意事項を記入します。

そこで記事タイトルは「掲示板」、簡単な掲示板の目的を本文に記入して固定ページを公開してみました。

 

 

けれど肝心のコメント欄が表示されません。。

ディスカッション設定で「新しい投稿にコメントを許可する」にチェックもいれています。

掲示板は固定ページで作成しましたが、投稿ページではコメント欄が表示されます。

テストサイトではWordPressの公式テーマ「Twenty Seventeen」を使用しています。

「もしかして固定ページではコメント欄がもともと表示されないんじゃ?」

と思い、テーマを編集してコメント欄を表示させようと思いましたが、もっと簡単な方法があることを思い出しました。

 

固定ページにコメント欄を表示させる方法

 

記事編集画面の上部に「表示オプション」があり、クリックするとオプション項目が開きます。

すると、「ディスカッション」があるのでチェックを入れます。

 

 

記事編集画面の下部に「ディスカッション」が表示されるようになるので、「コメントの投稿を許可」にチェックを入れます。

 

 

そして掲示板のプレビューを見てみると、コメント欄が表示されました。

 

表示の確認

 

適当にコメントを投稿し、掲示板の表示を確認してみました。

ちゃんとコメントへの返信もスレッド形式になっています。

 

まとめ

コメント欄を使ってシンプルな掲示板を簡単に作れるので、WordPressは便利だと思います。

ただ、このままだとあまりにシンプル過ぎる気がします。

CSSで表示を整えれば見栄えも良くなると思います。

現在「HTML5&CSS3 デザインレシピ集」を読んでCSSの勉強を少ししていますが、掲示板を導入する時はプラグインに頼るかもしれません(笑)。

今日のたつじんへの一歩

たつじんwたつじんw

今度掲示板を作れるプラグインを試してからプラグインを使うか、コメント欄で掲示板を作るか決めたいと思います。
ただ問題はCSSの知識がないことよりも、ブログの規模的に掲示板を設置しても誰も書き込まないと思います(笑)。